垂れ下がるまぶた

笑顔の女性の目元

眼瞼下垂とはまぶたが下がって来て目が明けづらくなる症状のことを指します。怪我などの原因がある場合もありますが、年齢と共にどんな人でも多少まぶたは下がってきます。 整形手術でいうところの眼瞼下垂術は、上まぶたの眼瞼挙筋を縫い縮めて、瞼の明きを大きくするものです。 眼瞼下垂術の方法には大きく分けて二通りあり、二重瞼の手術のようにメスを使う切開法とメスを使わない埋没法があります。手術費用の相場としては、通常のメスを使った切開法で片目だけの場合、約30万から40万ほど、両目ですと約50万ほどかかります。埋没式ですと少し安くなり、片目が約20万から25万ほど、両目でも約40万前後で可能です。ただし、筋膜移植などをする場合には50万から100万ほど見て下さい。 パッチリした目になるためにとても効果的な眼瞼下垂術、手術をする場合にはどのような施術が良いか、よく医師と相談してから決めましょう。

たいていの人は「目を大きくする」と言うと二重瞼の手術を思い浮かべるのではないでしょうか。しかし、実は目を大きく見せ、俗に言う目力をアップさせるのに最も効果的なものは眼瞼下垂術です。 どんな方でも年齢と共に瞼がたるみ、多少下がってきます。そうすると黒目の上に瞼が乗っかったような状態になり、黒目を覆ってしまいます。これを上に引き上げることで、黒目が大きくなり、目自体が大きく見えるようになるのです。 それだけではなく、瞼のたるみを取り除くことで瞼にハリを持たせ、若々しい目元を作ることができます。目が明きやすくなるだけで目元だけではなく、表情全体が生き生きと見えるのです。 手術は両目一緒にでも片目だけでもできますが、左右対称にこだわる場合は両目を一緒にやることをおすすめします。 眼瞼下垂術は半永久的に効果が期待できる手術です。それだけに、後悔のない手術をして下さい。