肌のトラブル

目を閉じた女性

ニキビ跡は状態によって対処法が違います。中にはセルフケアでは治療が難しいような状態もありますので、まずは自分のニキビ跡の状態をチェックしてみて治療法を考えていくようにすると良いでしょう。セルフケアで状態を良くできるのは主にニキビが進行中のものや赤くなっているような二キビ跡です。黒くなってシミになっているような状態も時間はかかりますが薄くすることはできる場合があります。セルフケアでは難しいのがクレーター状になっていたりするもので、肌が固くなってしまったりするのも時間がかかるでしょう。もちろんこれらも一概には言えませんが、病院に行ってみてピーリングを勧められる程であればセルフケアでの治療はなかなか難しいと考えた方が良いでしょう。

進行中のニキビ跡の治療はできるだけ触らないようにすることです。ただ、清潔に保つことは大切なので、低刺激のクレンジング剤などを使って丁寧に素早く汚れを落とすようにしましょう。薬は皮膚科処方のものがよいですがつけなくても良いです。市販のものは悪化する場合もありますので注意が必要です。また、ニキビ跡が固くなっているようなものは角質を除去できるような低刺激のスクラブなども効果的です。どういった状態のニキビ跡であっても保湿ケアはしっかり行うようにして食事法などから内側からのケアもしっかり行うようにしましょう。たっぷりの睡眠と適度な運動などの生活習慣の改善も二キビ跡には効果があります。スキンケアだけではなく自分のできることから実践していくと良いでしょう。